岸田雨漏検査技建(アメケン) > 当社の特徴

当社の特徴

雨漏り検査をかかげる会社は数多くあります。
従来の一般的な雨漏り検査方法と、当社の特許工法検査をはじめとした多彩な検査工法をご紹介します。
他社との比較をご参考にされてみてはいかがでしょうか。

当社が選ばれている理由をご理解頂けるかと思います。

当社の特徴

従来の雨漏り検査

見当検査

目視や触診のみで行う検査方法。

経験やノウハウに基づく見当検査は雨漏り原因を推測する事は可能ですが、雨漏りを再現する事は困難です。

水掛け検査

ノウハウや経験に頼り「この辺りかな?」と思われる箇所に水を掛け、原因箇所を探る検査方法です。

雨漏りを再現する手段としては有効ですが、雨水浸入個所を的確に絞る事は困難で検査結果にブレが生じやすい検査方法です。

当社の多彩な雨漏り検査

  • 特徴1
    特許工法 光って分かる雨漏り検査

    当社がこれまで、あらゆる雨漏りの原因箇所を特定するに至った特許工法です。

    「光る検査液」を雨漏り原因個所から散布・浸透させ、室内側にて専用ライトで照射する事により「光る検査液」が発光し雨漏り経路と原因個所を特定する事ができます。

    詳しくはこちら

    特許工法 光って分かる雨漏り検査
  • 特徴2
    サーモグラフィ画像解析

    赤外線サーモグラフィーを使用し対象部位の温度差から湿潤状況を推定します。

    ※基本技術料とは別途費用となります

    サーモグラフィ画像解析
  • 特徴3
    ロープブランコ高所雨漏り検査

    マンションやビルなどの高層住宅において、当社ではロープブランコによる雨漏り検査も取り扱っております。これにより、高額な足場費用などを削減出来ます。

    ※基本技術料とは別途費用となります

    ロープブランコ高所雨漏り検査
  • 含水計検査
    特徴4

    雨漏り被害を受けている木部やボード面を対象に、水分の含有度合いの変化を測定し雨漏り状況を調査します。

    含水計検査

    想定散水検査
    特徴5

    雨漏りが生じた際の降雨状況(小雨、豪雨、長雨)を想定し、専用散水機を用いて降雨状況を再現します。

    想定散水検査

    パイプカメラ
    特徴6

    開口を確保出来ない天井裏や配管スペースなど狭小空間の雨漏り状況を確認します。

    パイプカメラ

    管圧検査
    特徴7

    給水管に圧をかけ、その圧力変化により配管からの漏水の有無を検査します。

    管圧検査

雨漏りが見える検査診断報告書

雨漏り検査後、部材の劣化状況・発生現象や雨水浸入ポイントと雨漏り発生箇所・原因特定までの記録や総合所見などを添え、報告書を作成し、提出いたします。各方面で『分かりやすい』とご好評をいただいております。

雨漏りが見える検査診断報告書

ご相談・御見積り無料!

トップページへ戻る

このページの先頭へ戻る